ビジネスローンに関する事ならこのサイトにお任せ

>

ビジネスローンの借り換えで損をしない方法を調べてみた

借り換えをして損をしないためのポイント

一般的に借り替え先として有名なのが、銀行や日本政策金融公庫などがあります。
借りていた先の銀行よりも、金利が低いかどうかで、借り換えで損をするのかどうか決まります。
返済期間も短ければ短いほど金利が低いため、できるだけ早い段階で返済する事をおすすめします。
借り換えをする際には、印紙代や保証料や事務手数料など発生しますので、その費用も含めて損をしないかどうかしっかりと考えてみましょう。
借り換え方法によっては損をしてしまう可能性がありますで注意しましょう。
その他に、新規で借り入れを行っても、毎月の返済額は変わらならないのも良いポイントです。
上手に借り換えを行い、自分の会社の事業の資金を安定させる事が大切です。

ビジネスローンは開業資金に活用可能か

個人名義でも法人名義でもビジネスローンを活用する事は難しいです。
ですが、個人名義から法人名義になった方だと活用できます。
個人や法人で何故ビジネスローンを借りるのが難しいかというと、開業後すぐだと決算書がないため、ビジネスローンを借りる事が難しいという事が言われています。
逆にプロミスなどから借りたいと思っても、個人事業主の方は、生計費か事業費のみしか借りれませんので、開業資金として使う事はできません。
どうしても個人事業主の方が開業資金を借りたい場合は、日本政策金融公庫から借りる事をおすすめします。
ビジネスローンを借りる事ができなくても、様々な融資制度などがありますので機会があったら調べてみてくださいね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る