ビジネスローンに関する事ならこのサイトにお任せ

>

銀行で借り換えをするメリットとデメリットについて知りたい

メリット

銀行で借り換えをするメリットは、「返済残額が削減できる」ことです。
金利が低い融資品にすれば、その分の返済合計額も圧縮できます。
資金繰りの悩みが少し緩和されます。
「返済負担の軽減」と関係することを言うと、借り換えがちゃんとでき、抱えている負債をカットすることで信用状況が良くなっていきます。
例で言えば、個人が借入をするとき、3、4社から借りてる人よりも1、2社などから借りている人のほうがいいと思います。
なぜなら、借り入れしている件数が少ない人を信じるのが普通だと思います。
そして、企業に対しても、借入の件数が少ない企業で、返済の利用額が少ないと、「貸し倒れのリスクが少ない」という理由で信頼が得られます。

デメリット

銀行を利用する際の欠点は、相手先の選び方を間違えると返す額が増えてしまうなど、負担が膨らむ恐れ上がる点です。例をいえば、別のローンに変更したとします。
しかし、その後何らかの契約を結んだ時前よりも大変になってしまったというケースも存在します。
また、借りている所を換えたりすると今迄取引をしてきた銀行との「信頼関係」が失われるの可能性があるため注意が必要です。
メインバンクに対して「他の銀行は利息が安いので乗り換えます」と言えば、これまで築いてきたものを損なってしまいます。
このほかにも、借り換えには別途の諸経費が必要となります。
借り換えの手数料としては、収入印紙代、保証料、事務手数料、他行からの借り入れを完済する場合などに必要となる、繰上返済手数料が必要となります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る