ビジネスローンに関する事ならこのサイトにお任せ

>

銀行融資の歴史

事業資金とは

事業資金とは、事業を立ち上げる際や、事業運営を進めるために必要な資金を現します。
会社設立に掛かる費用のほか、経営に必要な設備や予備の資金などに事業資金が利用されます。
事業費は、保険契約用語で定義されているものとは異なりますので気をつけましょう。
例をあげると、個人で事務所を構える場合は、もろもろの経営でかかるコストが発生しません。通常、十数万円程度で看板を掲げることも出来るのです。
もっとかかるのでは?と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
企業が事業を行う上で、事業資金は必ず確保しておかなければならないため、計画的に資金の使い方を考えなければなりません。
ちなみに、事業資金と運転資金は全くの別物ですので、間違えないようにしましょう。

事業資金借り換え

事業資金の借り換えとは、名前の通り、自分の会社の事業資金を異なるローンや融資制度に借り換える事です。
住宅ローンを利用している場合は、金利などが低い別の住宅ローンに借り換えるというイメージをしていただければ、分かりやすいかと思います。
様々な所から、借入をしていて、綺麗に整理するための「おまとめローン」を利用される方が多いです。
事業資金もローンと同じ方法で融資が行われたりします。
金利の低いところに借り換えするだけであって、事業資金のが増減するわけではないので勘違いしないようにしましょう。
ちなみに、企業に最低限必要な資金は、開業資金や運転資金やつなぎ資金や設備投資なのです。
それ以外にも、人件費や広告費などありとあらゆる費用が発生してします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る