ビジネスローンの借り換えで損をすることはあるのか

ビジネスローンに関する事ならこのサイトにお任せ

事業資金について知っておこう

銀行ができる前は、室町時代から始まり、江戸時代から急激に発展した両替商というのが銀行の代わりでした。
銀行にお金を預けるシステムもすでにできていました。
両替商は、お客さんの代わりにお金のやり取りを行い、手数料をもらい利益を得ていました。
外国を参考に銀行という建物を作ったのは、明治時代になった頃でした。
銀行ができた事によってこれまで両替商だった人々が銀行をオープンさせるべきか、悩んでいる人が多かったです。
何故なら、銀行をオープンさせると融資事業も行わなければならなかったからです。
この事から、銀行の融資の始まりは、明治時代だったという事が分かります。
当時、一般市民がお金に困った場合は、個人同士の貸し借りか、質屋に出すのが一般的でした。
時代が進み、昭和になると銀行が個人にお金を貸すようになりました。
ちなみに最初に個人に融資を行ったのは、昭和初期にあった日本昼夜銀行でした。
個人に融資する条件として、25歳以上で、既婚者、東京か東京近郊に住居があり、大企業に2年以上勤務していて、退職をしばらくする予定のない人という厳しい条件でした。
ローンの使い道も自由ではなく、しっかりと決められていました。
戦争がきっかけで、融資がなくなり、その後は、三井銀行が自分の銀行の社員限定で融資を行っていました。
時代が進み現在では、様々な銀行が個人に融資を行っています。
住宅ローンなど様々な種類のローンが現在ではあり、用途に合わせて選べるようになりました。

ビジネスローンの借り換えで損をしない方法を調べてみた

皆さんは、ビジネスローンの借り換えで損をしない方法を知っていますか?どこかの会社に雇われてたら、全く関連がない事なので一切知らないという方もいるかもしれません。 知っているとしたら、個人事業主の方くらいじゃないでしょうか。 今回は、ビジネスローンの借り換えで損をしない方法を調べてみました。

TOPへ戻る