まずは動態管理とは何か簡単に説明します

配送車輌が荷物を持って事業所を出て行ったら、あとは配送が終わって事業所に戻ってくるまでどこをどう走行しているのか・あるいはどこかでさぼっているかもしれなくても動向はまったく分かりませんでした。道路を走っていると信号だけでなく工事中の箇所があったり渋滞していたり、通行止めに引っかかったりと何があるか分からず計画的に走らせることができません。そのためさぼっているのか道路事情で遅れたのか分からなかったのです。それを解消させたのが動態管理システムです。今や配送業やバス・タクシーなどさまざまな業者が導入しているシステムです。それにより車輌の位置情報を事細かに把握することができるようになり、事業所から出て事業所まで帰ってくるまでの間が明確になったのです。

動態管理によって分かることと活用法

動態管理によってリアルタイムに車輌の位置が分かるようになりました。そのため、さぼりはなくなり、より効率的なルートを走らせることができるようになったため燃料費の節約にも繋がりました。万が一トラブルを起こしたり渋滞につかまって動けなくなったりした場合にも、他の車輌の位置も分かるため応援に駆けつけたり変わりに行かせたりといったことができるようになり、安心です。このシステムによって車輌の位置を確認できるのは事業所の社員だけではありません。携帯電話のアプリなどを利用してお客様も乗りたいバスがどこを走っているのか・自分が送った荷物が今はどの辺りまで来ているのかを知ることができます。そのため不安の解消をすることができ、計画的に動くことができるようになったのです。

安価に手軽に導入することのできるシステムです

このシステムはGPSの機能を用いて位置情報を知ることができるシステムです。元々は専用の車載端末などに用いられていました。カーナビなどです。しかしながら、最近ではスマートフォンやタブレットが普及し、これらの機器にもGPS機能はついているのです。そのため安価に手軽に導入することができるようになりました。企業にとっても利益がアップしますし、運転手も効率よくルート選択できるので業務時間が短くてすみます。お客様ももちろん車輌状況が把握できるということでの満足度は大きいです。それぞれにとってメリットの大きいシステムのため今では多くの企業が導入しています。いまや、バスの位置も荷物の位置も誰でもがすぐに知ることができるのです。配送や作業スケジュールを効率よく管理できるようになっています。